2010年2月10日水曜日

セルフ・レファレンス演習 

どうしても気になっていることがあります。

「かつてMSXユーザー向けに発行されていた雑誌の付録に
"ねこバスケ"というゲームがついていたが、
何号に載っていたかわからなくて困っている」

ということなんです。


この質問はたぶんレファレンス担当が泣きます。

せっかくなので、泣いちゃう理由を含めて
図書館でこのような質問を受けたらその後はどうなるか
考えてみましょう。あくまで想像ですが。



1.まず用語を確認しながら相手の知ってることを聞き出します。
「MSXというのは機械のことですか?(15年くらい前に流行ってた?)」
「雑誌の正確な名前などご存知ですか?」
「雑誌には付録の解説などありましたか?(どこまで掘り下げれば確認できるかチェック)」
「付録は…そのソフト?だけですか?、他にも一緒に詰め合わせだった?」
片手に余裕があったらwikipediaとか見るかな。

アルファベットで書かれている用語は確認した方が無難です。
Acronym Finderなどが便利。
そして雑誌名はたぶん「MSX・Fan」です。
フロッピーディスクが付録として付いていました。
そして読者が作ったゲームなどが詰め合わせだったと記憶しています。

さらに時間が経ちすぎていて対象が
「ねこバスケ」という記述で正しいかどうか、
記憶違いが発生しているかもしれないところも警戒ポイントですね。


2.同時に着地点を探します。
「実際に付録つきで雑誌を入手する必要はありますか」

実家に帰ればフロッピーディスクがあるはずなので現物はいりません。
雑誌自体もあったはずなのですが汚破損がひどくて…。
あ、でもMSX自体は壊れちゃってるし
エミュレータに関する本とか読んでみたいです(需要の発掘)


3.予備調査
GoogleとかYahoo!とか使って"ねこバスケ"と入れてみる。
この現代において見事検索よけ成功!
この件ではあまり役に立つ情報なし。


4.所在を探す
この雑誌を持っている図書館でしか処理できない質問なので
所有する図書館を探してみます。
そして図書館から図書館へ依頼します。

ゲーム雑誌みたいな位置づけなので、ある種当然ではありますが
総合目録ネットワークシステム、j-crossで探して存在せず
NACSIS-WebCatで探してみても当然ありません。
ただし電撃プレイステーションはある

とりあえず最後の砦ndl-opacでは出ましたね。さすが。

実際の図書館員はもっとうまく探すでしょうが、
いますぐ僕の手元でできることはこのくらいでした。

ということで国立国会図書館で頼むしかないらしい。


大雑把ですがこんな流れになると思われます。
現場の方はもっとうまくやるんでしょうが、
行きつくところは同じになる気がします。
ゲーム雑誌を集めてる場所があれば違うか…?



さて、問題はここからです。ざっと以下の通り。

○付録自体にはたぶんタイトルがついてない
○雑誌の表紙や中に解説があったかも怪しい
○確認するためには付録(フロッピーディスク)を開く必要がある
○フロッピー(3.5インチ)を使える環境がまだあるか
○MSX環境を手に入れないとフロッピーも起動しないのではないか
○雑誌は通巻100号まである


うわー ないちゃうー 
想定される解決手段が単純作業のにおいがするー

人に任せるのも可哀そうなので、
今度実家に帰った時自力で何とかします。


ちなみに"ねこバスケ"は
小学生当時の僕にはほんとにおもしろかったですよ。
またやりたいなぁ。

6 件のコメント:

  1. 徳間書店に電話するっていう選択肢が出ないのは
    そんなもんなの?

    返信削除
  2. 授業では禁じ手にしてたので
    すっかり忘れて抜け落ちてたけど
    現実的にはそれをやるだろうね。

    絶版になってるので
    資料管理部や広報部に期待!

    返信削除
  3. ねこバスケ懐かしい〜!
    昔一緒にやったね。

    8種類ぐらい色があって、
    ジャンプやスピードなど一匹ずつ特徴があるんだよね。

    またやりたいな☆

    返信削除
  4. あれは忘れられないゲームだよね。

    緑色のねこ→空中で相手の頭を踏める
    青色のねこ→一度後ろに下がってから前に進む不思議なシュートがうてる

    とかだったような気がする。

    あと「消える」とか「天高く画面外に飛んでダンクできる」とかもいたはず。

    またやりましょう!

    返信削除
  5. とおりすがり2010年9月7日 15:02

    図書館の付録の扱いについて調べていたらたどり着きました
    懐かしくて書き込みします

    雑誌掲載プログラムは調べるのが大変ですよね。
    MSXなどのRetroPC関係はファンサイトで幾ばくか調べることができます
    MSX・FANであればペコさんが管理しているMSX・FAN Wikiが便利です
    http://msx-fan-wiki.appspot.com/view/0
    ただしこのWikiもまだ完全ではないのです。そこでet_levinさんのLet's enjoy MSX computer
    http://www.h6.dion.ne.jp/~levin_tr/index.htm
    のファンダムDBを参考にすると休刊が決まった末期の1994年10月号に掲載のようです
    正解は「ねこBASKE」でした。
    休刊号の1995年8月号には「ねこBASKE+」が。知りませんでした

    MSX・FANはあんだけ出ているのに収蔵している図書館は国会図書館ぐらいです。都立多摩図書館にすらありません。いつももう少しどうにかならないものかと思います…

    ちなみに
    ベーマガはALL ABOUT ベーマガ
    http://www.north-wind.ne.jp/~yoshino/
    のBM投稿プログラム読者間レビューが便利です
    月刊I/Oなどはデータベースが見当たらないので壮絶だと思います。(一度やった記憶があります)

    返信削除
  6. >とおりすがりさん
    3か月もたってからのお返事大変申し訳ありません。
    もうここはご覧にならないかもしれませんが、それでもお返事をさせていただきます。

    内容、書き方などからレファレンスを担当された経験のある方のようにお見受けしました。だとしたら業務外で調べていただいたうえ、丁寧な回答をいただきありがとうございます。胸のつかえもとれて感動です。

    調べ方についてもとても勉強になりました。
    恥ずかしながら「ファンサイト」という視点も完全に欠けておりまして、データベース化されていることも知りませんでした。
    しかも正しい表記が「ねこBASKE」だったとは…!
    どうりでそう簡単に見つからないわけです。反省です。

    リンク先を拝見いたしましたが、見ているだけでウキウキしますね。MSXへの愛が…!
    こりゃあ本気でエミュレーターの導入も検討しなくちゃいけないですね! ありがとうございます!

    それにしても、
    >月刊I/Oなどはデータベースが見当たらないので壮絶

    NACSIS-Webcatで見ただけですが、1976年から刊行されてますね。いつ頃壮絶な体験をされたかわかりませんが、最近だとしたら約35年分の雑誌から記事を探している計算に…? 

    それだけ歴史があると編集・出版サイドに生き字引が残っている可能性も低そうですし…

    (;゚д゚)ゴクリ

    もしまたここをご覧になる機会がありましたら、ぜひともその時のお話などお聞かせください。お待ちしております。

    返信削除