2010年8月31日火曜日

学生に読んでほしい本2

半年ブログ書いてまだ2とか、この職務怠慢!と
言わるかもしれないんですが、いやいや、ちゃんと読んでますよ。
学生にオススメしにくいものばっかり読んでただけです。

今回はタイトルが気になっていた、坪田知己『2030年メディアのかたち』,講談社,2009 を読みました。

プロローグ + 1~8章 +エピローグ という構成で
前半は、簡単なメディアの発展史(インターネット発展のキーマンの解説含む)
後半は、既存のメディア(特にマスコミ)がどうなりそうかについて書かれています。
ところどころ出てくるモデルや「人の興味を引き付けるメディア史ネタ」は
授業で参考にさせてもらおうかなと思う部分もありました。

図書館司書を目指す学生さん(大学3年生あたり)の基礎知識として、
4章あたりまでは、ぜひオススメしたいです。
僕がメディア論の知識が乏しいからかもしれないけど、
そのあたりまではわくわくしながら読めますよ、きっと。

そして本文中で触れられていた動画についてメモ。

EPIC 2014 日本語字幕版

※2014年にはこうなる!という架空のメディア史。
 アマゾンとグーグルは合併してグーグルゾンになってないよね?
 2015も探すと出てくるよ(ただし英語)。

KnowledgeNavigater 日本語字幕付

※画質注意


ちなみに僕は2030年にどうなるかという見解が知りたくて
この本を手にとったのですが…。
(5年後や10年後は現状から方向性くらいは予想できても
 流れの速い現代において20年後を予想するってんなら
 さぞかしすごいことが書いてあるのでは!?と思って。)


そんなに驚くほど革新的なことはなかったかな、
というのが正直なところです…。
20年後ってのは、まだ現状から予想される世界なのかな。
技術的な話がないのも新書だからしょうがないけどさ…。


てっきり
脳内で考えたことが記号化されて(しなくてもいい)即座に自動で検索できて、
しかも視界の中に、他人には見えない検索結果一覧があらわれて、
マバタキの回数でその中から一つを選んで表示するシステムとか
出てくるのかと思って勝手に期待してしまった。

いや、根拠のない勘としての20年後だけどね。


CNNの元記事が消えてたし、ホントかどうかわからないけど、
↓とかかなりおもしろかったし、案外いけるんじゃないかと思って。
(*゚∀゚)ゞカガクニュース隊 脳から直接ブログに投稿する装置? 米大学院生が開発


ああ、でも最後の方にほんのちょっとだけ書かれていた
「情報無価値説」がどんなモデルで表現されるのかとても気になる。
そのうち改めて探してみよう。

2010年8月29日日曜日

最近見つけた図書館動画(8/29)

データベースのチュートリアル動画でも探してみようかと
YouTubeをうろうろしていたら
おもしろい動画がいろいろあったのでメモしておこうと思います。


○Librarians Do Gaga


最初の30秒に耐えられれば腹筋を鍛えずに済みそうですね。


The Librarian
Greg Gliennaさんは"Meet the Parents"(映画)のディレクターらしいです。
ああ、でも人によっては笑えないという方もいるかも…。


○Help Me, Ninja Librarian!


「Ninja」と「Librarian」の動画はいくつかあるけど、
彼らにとって忍者とは何なのか問いたい。小一時間問い詰めたい。



あとALA(アメリカ図書館協会)のLibrary Advocacy Day  Video Contestも貼っておこう。
3つ目のHonorable Mentionがオススメです。


○Library Dominoes

図書館の本でドミノ、というのは僕の子どもの頃の夢でもありましたので。
でも見終わった後には叫びましたよ。オチは!? ねぇオチは!?


○The Librarian


何の手がかりもなしに探し物を依頼してくる利用者。
なんでも探してくれそうだという、図書館員への過度な信頼でもあるのかな?
と思って見てみると、考えさせられるなぁと。
日本だったら「犬のおまわりさん」を連想させるやり取りです。

笑えるというわけではないけど、アニメの絵柄はかわいい。






ちなみに、Librarianという語で検索をかけて
かなりいろんな動画をみたんだけど、
やはり日本とは違い、専門職としての認知度が高い感じがしました。
「Librarian」と名がつくだけでネタになる感じ。


そのおかげでハズレ動画が多すぎるというのは問題ですが…。
(「Librarian」と言う語がステータスを示すために書かれているだけで
動画内容とは何の関係もない場合が多すぎるようです。)

いやー、検索語についても考えさせられますねぇ。

2010年8月18日水曜日

図書館の勉強に役立つパッケージ系映像資料を探せ!

用途としては教員が授業の準備を楽にするとか
司書を目指す学生が自習するためとかいろいろだけど、
図書館系の映像資料を網羅したリストはweb上にないものかと探してみました。

映像資料は検索システムではイマイチ探しにくい場合もあり、
都合のいいリストがあればと思って。


とりあえずこのあたりが参考になりました。

図書館情報学図書館所蔵資料:ビデオテープ一覧

東京都立図書館(2004年頃まで)

紀伊國屋 bookwebのカタログ


そしてリストを眺めたり、入手可能性を調べてみて思ったのは

  1. だいたい株式会社ポルケ(と紀伊國屋書店)と日本図書館協会が作るか、放送大学の資料。教育用であり、お金儲けのためではないことがひしひしと感じられます。

  2. 高値の理由は、需要が少ない、教育用だからというだけでなく、著作権処理済みの場合もあることがその理由みたい。個人で購入するというのも想定してないんでしょう。そりゃそうか。

  3. その値段と用途から、公共図書館が一館で揃えるとは考えにくく、基本的には大学図書館が所蔵していると考えた方が妥当な様子。 

  4. 映像資料を使いながら授業を行っている例も、探すと出てくる。

  5. 品切れか絶版かわからないけど入手できない資料もけっこうある。

  6. 図書館の全体像、サービス面、媒体としての資料(特に紙)が中心。資料組織(図書館関係の勉強で学生が一番苦しむ領域)の映像は少ない。映像化しにくいから? でもパッケージ化されてなければ…


また、捕捉として


ということで、リストはあるけど「教員が授業のために」と思ったら
自力で探す心構えも必要みたいですね。
これからもがんばって探していこう。


ちなみにインターネット上で探せる映像についてもいろいろ集めているけど、
それはまた別の機会にまとめていこうと思います。
(どうすれば上手にまとめられるか思案中。
 はやく使える形にまとめておかなければ…)

2010年8月15日日曜日

Twitter 20:80

20対80の法則、と呼ばれる法則があります。
「20%の○○が80%の××を占める」という法則です。

20、80といった数字を取り沙汰されることもありますが、
とりあえずここでは、
「少数の○○が多数の××を占める」という
分散と集中の法則として捉えておきましょう。


あらゆる所で見られる法則ですので
おぼろげな記憶の中からいくつか書いてもバチはあたらないと思ってますが
「少数の書籍が多数の売り上げを占める」とか
「20%の富豪が世界のお金の80%を持ってる」とか
「ある主題分野の論文は、少数の雑誌に大量に発表される」(ブラッドフォードの法則)と
いった具合に使われています。

(ロトカの法則、ジップの法則、プライスの平方根則なんかも
 あわせて勉強するとおもしろかったりしますよ。)



そしてこの法則は効率を重視する際によく使われます。

上記の例で言うと
「よく売れる少数の本を優先的に取り扱いたい」とか
「20%の金持ちを対象にビジネスをした方が大金がとれる」とか
「ある主題の論文がよく載ってる少数の雑誌をコアジャーナルとして選ぶ。
 だって購入できる雑誌数には予算と場所の限界があるし…。
 (最近はビッグディールであんまり関係ない気もする)」とか、そんな感じの使い方です。


で、Twitter見てて思ったんですが
自分のタイムラインは
「少数のフォロワーの多数のツイート」で埋まってることがよくありましてね。


もちろん自分が好きでフォローをしているので
困ることはないんですけど、
「発言の多い少数の人が行ったツイート」を一瞬だけ隠す
ツールとかあったらもしかしておもしろいんじゃないかと思ったわけです。

そうすることで見逃しが減ったりするかも、と。


それに「多数の××を占める」方を隠すというのは
効率を重視する場合とは逆の考え方で法則を利用する案だし、
けっこうおもしろいかなーって思いましてね。


これで開発スキルがあったら自分で試しに作ってみるんだけど
だれか暇な人がつくってくれないかな~

(という他人任せな記事を書きたかっただけというのは内緒。
 既存のツールでなんとかなるかもしれないのに
 調べもしないで書いたというのも内緒です。)

2010年8月8日日曜日

PubMedの使用法に関する動画をみつけた

PubMed Centralのデータを使って研究をしようかと考え
NLM-DTDタグライブラリー(Journal Publishing Tag Set Tag Library)の
日本語訳が都合よくweb上に落ちていないか探している過程で
おもしろいものを見つけたのでメモ。


看護・薬学系の学生に対する利用者教育で頭を悩ませている
うちの大学の司書さんにも教えてあげよう。

一通り検索方法を教えた後で、
学生の復習用に紹介するのがよさそうですね。


PubMedの使い方〜基本編〜


PubMedの使い方〜発展編〜


PubMed Centralの使い方



togoTVはどうやら信頼に足る発信元のようですし
特に内容を吟味とか必要なさそうだしよさげですね。
再生数はもっと伸びるべきなのではないかと思います。


大学の図書館で働く場合には内部向けに
こういう資料作ったりしないといけないかもよ?
とかおどかしながら司書課程の学生に
専門資料論あたりで見せてみるのもありだな。

データベースとかは代理店とかが説明会やってくれるだろうから
そんなことは実際にはあんまりない気もするけど。
あ、でもフリーの場合はそうもいかないのかな…?



とりあえず目当てのものは、
医学図書館系、図書館情報学系の雑誌か本を探せば出てくるんだろう、
という根拠のない期待をしながら探しましょう。
(ただしISOやJISでそれらしいものを発見できなかった。)

自分で訳してなんとなく理解するだけでも研究には足りるんだけど、
権威のある団体が出す情報は信頼度が違いますもんね。

2010年8月5日木曜日

【使いどころは】図書館に関係しそうな日【謎】

使いどころがよくわからないものの、
仕事の都合上、
まとめておくと話のタネになることもあるかと思ってまとめ。

「なんか図書館が関係しそう」と思ったものを収集。
記録媒体、道具、文字、いろいろ含めました。
(電器・放送関連は除外)


☆マークは、図書館に直接関係するもの。
直接的すぎてこのブログにはなじまない気もしたけれど
まとまっているページなどが簡単に検索されないので、
せっかくだから書いておこうかと。


△マークが付いているのは
日本記念日協会 今日の記念日で検索したもの。
(ただし日本記念日協会の認定したものだけではない。
 そして認定に厳しい条件があるわけでもなさそう。)

*マークが付いているのは
ウィキペディアの日本の記念日一覧からつまんできたもの。

○マークは下記いずれかの本から。
 ・すぐに役立つ366日記念日事典
 ・記念日・祝日の事典
 ・記念日ハンドブック

詳しく確認していないので、
もしかすると2010年8月現在、
なくなってしまったものもあるかもしれません。

あと資料によって表記が違う場合とか、
書きうつすのに間違ったりとかありうるかもしれませんが、
そのあたりは、まぁ、てきとうにご勘弁。



1月28日 △逸話の日

2月18日 ○エッセイ記念日

2月21日 △日刊新聞創刊の日

3月1日 △切抜の日

3月3日 △オーディオブックの日

4月2日 ☆国際こどもの本の日
    ☆図書館開設記念日
 関連資料:歴史公文書探求サイト『文蔵』
    
3月17日 *漫画週刊誌の日

3月31日 *学校教育法公布記念日

4月8日 ○参考書の日

4月10日 △教科書の日

4月19日 ○地図の日

4月23日 ○世界本と著作権の日(世界図書・著作権デー)
 ☆子ども読書の日
      サン・ジョルディの日、世界 本の日 

4月23日~5月12日 ☆子ども読書週間(○以前は5月1日~14日だった様子。)

4月30日 ☆図書館記念日

5月1日 ○語彙の日
5月1日~30日 ☆図書館振興の月

5月3日 ○世界報道の自由の日(世界報道自由デー)

5月8日 ○童画の日

5月18日 △ことばの日

5月20日 △ローマ字の日

5月25日 ☆納本制度の日

5月27日 ○百人一首の日

6月1日 ○写真の日

6月14日 ○日記の日

6月19日 △朗読の日

6月27日 △メディア・リテラシーの日

7月1日 △童謡の日

7月17日 ○まんがの日

7月21日~8月20日 ○雑誌月間

8月19日 △俳句の日

9月1日~7日 ○印刷週間(~30日 印刷月間)

9月4日 ○クラシック音楽の日

9月8日 ○国際識字デー

9月27日 ○英字新聞発刊記念日

10月6日~12日 ○国際文通週間

10月7日~13日 ○古紙リサイクル週間

10月15日~21日 ○新聞週間

10月27日 ☆文字・活字文化の日

10月27日 世界視聴覚遺産の日(2010.11.22追記)

10月27日~11月9日 ☆読書週間
    (2010・第64回読書週間標語 「気がつけば、もう降りる駅。」

11月1日~7日 ○教育文化週間、文化財保護強調週間

11月3日 ○レコードの日

11月16日 ○録音文化の日

11月20日 ○世界こどもの日

11月23日 ○いい文の日、ゲームの日

11月26日 △ペンの日

12月1日 △映画の日

12月12日 △漢字の日

12月21日 △回文の日
 ○クロスワードパズルの日

その他:
毎月19日 ○トークの日
毎月第4土曜日 ○こどもの本の日

外国についても探したら面白そうだけど、
暇すぎて死にそうになってからでも間に合いそうですよねー。

もし実際に何かイベントをやろうとするのであれば
制定した団体等のオーソリティなどをしっかり抑える必要がありますが、
(特に一私企業が制定したものが含まれることに注意が必要)
僕の仕事には上のもので十分だったので割愛です。


それにしても日本には「司書の日」はなさそうだけど
作るとしたら何月何日になるんでしょうかね?

日本の司書制度が確立した日とか?
図書館令が一部改正した1906年10月8日をその日とみなすのかな?
どうなんでしょうね。


あと「電子書籍の日」とかはまだなさそうだけど
そのうちできたらいいなと思うとなんかわくわくする!