2010年2月17日水曜日

現実逃避

人員削減の流れをまったく止められない図書館業界に

疲れを知らないタフガイが

彗星のごとく現れたという噂を聞きつけ

われわれ取材班は早速現地へと飛んだ!


そこで取材班が見たものとは・・・!








なんとヒトではなかったのです・・・!!


来週末までにA4で40ページくらい書かないといけないので
少し現実逃避して遊んでみました。

こちらの書架は裏面も合わせて96冊という収容能力。
しかし縮尺比率はあきらめるしかない。
そもそもフィグ(人形)と本の比率がおかしいんだからしゃあない。



趣味はLEGO®です、
というとほとんどの人に引かれるので注意が必要ですが
楽しいからしゃあないです。

一度組んでみたらわかると思うけれど
子供向けとは到底考えられないんですよ。

計算しつくされたパーツの形が大好きなんです。


あとまったく関係ないけど、最近の図情民向けの話題として
以下の写真のミニフィグがhits教授にすごく似ていると思うんだけどどうだろう。



いや、そうでもないか?

4 件のコメント:

  1. あ、似てる…某i村先生www(ガシガシ)

    返信削除
  2. よし、自信が出てきた。
    ご本人にこれプレゼントしに行こうかな。

    返信削除