2010年2月4日木曜日

撮影したい企画と可能性(施設編)

企画を書いておくといいことがあるらしい
(どこからか協力者が現れるらしい)
と聞いたのでひとまず書いてみようかと思います。

今月も取材に行く時間が確保しにくいので
未だ撮影交渉は行っていません。

他人に真似されて先を越されるのを警戒していたけど
こんな時間対効果の怪しいことをやろうとする人間は
限られているだろうしいいかな、と。


まずは施設編。

・図書館家具・用品製造現場見学
  『金剛』さんあたりがおもしろそうです。
  免震書架を初めて見たときの感激は忘れません。

・刑務所図書室
  たぶん見学の許可は下りると思いますが
  撮影の許可は怪しいです。
  でもインタビューがしたいですね。
  図書室を管理してる人の仕事と気遣い
  受益者の感想などが聞いてみたい。
  論文などを読む限り
  絵的にはおもしろくないと思います。

・矢祭もったいない図書館
  福島県にある図書館。
  寄贈で資料を集めた図書館です。
  寄贈で集めるとどんな苦労があるのか。
  よく知らないけど法的に
  どのような位置づけで運営されているのかも
  興味深いところ。

・日本点字図書館
  点字を作る設備もさることながら
  中で働く人たちの仕事に対する気持ちを
  聞いてみたい。
  
・金沢文庫
  他大の図書館史の先生にお誘いをいただきましたので追加。
  映像としてはあまりおもしろくないかも。
  でも歴史上重要ではあるので気になります。
  どのような資料があるか、がメインかな。
  
・足利学校
  同じく図書館史の先生と行きたいところ。
  教科書に名前が出てるだけではわからない
  魅力を探りたいです。
  こちらは建造物もおもしろいかも。

・類縁機関(国立公文書館、博物館図書室など)
  図書館とどのように連携しているか
  資料を管理するうえで
  似ているところと違うところはどこなのか。
  などをインタビューしてみたいです。

・学術出版社
  一般的な出版社はわき道から外れてしまうのでパス。
  勁草書房、有斐閣アルマ、学術雑誌出版などの
  専門的なところで仕事ぶりや今後のビジョンを
  取材してみたい。実現可能性は低め。

・書店(街の本屋、大規模書店、amazonなど)
  これはさらに実現可能性が低いのですが、
  やはり仕事ぶりと今後のビジョンを聞いてみたい。  
  「突撃! 書店24時」とかやってみたい。
  

施設は今のところこんな感じですね。

そういえばお土産代考えてなかった…
これはばかにならない予感…

4 件のコメント:

  1. >類縁機関(国立公文書館、博物館図書室など)
    I村研のAさんが詳しそうな予感。

    返信削除
  2. どうもどうも

    国立公文書館は中の人が知り合いなので見学までならOKは出てるんですがね…。
    それ以降に関しては返事が返ってこないというか…。

    I村研の方(面識なし)は
    博物館の図書室とかをやっておられるんですか?
    類縁機関?

    返信削除
  3. Aさんは類縁機関としての博物館を調べてるよー
    文系博物館の全数調査やってた!

    返信削除
  4. なるほど。全数調査とか思わず合掌してしまうわ。
    機会があったらでいいけど紹介していただけると嬉しいです。
    3月の卒業式とかのタイミングとか?

    返信削除