2010年10月26日火曜日

図書館経営論で「財政」に触れる前に見るべき動画

図書館経営論という、
日本全国で学生が苦しんでいるだろう科目があります。

ここ3年観察していて、苦しむ理由は
「図書館の経営」がわからないというより、
その上位語としての「公共経営」がわからない、
またはさらに広い「経営」や「社会」がわからないように見えます。
(図書館経営がわからないだけなら「ある図書館長の一日」がおすすめ。)

こればっかりは社会人にでもならないと
なかなか厳しいかなぁと思いつつも、
わからないものを放っておくわけにもいきません。

特に経験と結びつけにくく感じているのは「財政」のようなんですが
それに関しては、実にいいものを見つけました。


財務省の「日本の財政を考える」というページの
"~財政に関する映像資料1~ 大臣になった男"(24分)です。

途中途中で説明をしてくれるザイセーちゃんの
新人公務員風なルックスの完成度とかも結構好きですが
わかりやすさと興味喚起に良いストーリー設定もわりと好きです。
省庁関係でこのクオリティはけっこう高いと思ったりします。

ちなみに"財務大臣になって予算を作ろう!"をやってからだと
学生に政治への関心も持たせることができそうなんだけど
うちの大学では、教卓からネットワークが繋がらないので無理でした。

あとこの動画はクローラーが収集できない仕様らしいので
ウェブ上での検索に引っかかりにくく、
ふと目に付いた人が見られないようで残念ではあります。

今のところ省庁関係では
警察庁サイバー犯罪対策室の情報セキュリティ対策ビデオのクオリティも好き。
そしてウェブで検索するとニコニコ動画に「ポリスチャンネル」が。
おじさんびっくりしたよ。



その他に、大学がある自治体の
規模やら政策、職員人事や財政についてまとめてみたり
市立図書館の年報を編集して
テキストに書いてあることと絡めて説明してみたりもしたけど、
こんな時こそレポート課題にすればよかったんだ、
と今気づいて少し後悔。

もちろんその時はレポートの書き方から指導しないと
結果として自分のストレスになることは間違いない。

しかし… この科目はそんなことをやる科目じゃないんだ…。
本当は入学してすぐぐらいにレポートの書き方教えてあげてほしいんだ…。
基礎と体系性を大事にしない大学はこれだからなぁ… ハァ…。

0 件のコメント:

コメントを投稿