2011年1月20日木曜日

図書館博物館なるものがあるらしい

ここ最近はシラバス書いたり、テスト作ったり、
センター試験の監督やったりバタバタしてたけれど、

その間に去年の秋ごろから積んであった本(まだあと7冊くらい残ってる)のうち、

情報検索アルゴリズム』や『知はいかにして「再発明」されたか』などを読んでいました。


そして研究関係の論文もまとめなきゃいけないにもかかわらず、
積読の解消をしたくてしょうがなくなり、
次に
Google PageRankの数理 最強検索エンジンのランキング手法を求めて
という本を読み始めたのであります。



で、本文に入って1ページ目に、
"(前略)…スウェーデンのボロースにある図書館博物館のように…(後略)"という文があり、
これが気になって調べたところからタイトルにつながります。



chromeでスウェーデン→英語に翻訳しながら見てみたんだけど、


図書館の名前はスウェーデン語でBiblioteksmuseet(ウェブサイトへのリンク)、
英語名はLibrary Museum。そのまんまだ。

ボロースは"Borås"と表記するようです。


ウェブサイトや紹介動画によると、
「スウェーデンの公共図書館とその関係者の活動がわかるような博物館」らしい。

非営利団体らしいことや理事(board)について書いてあるものの
運営に関しての詳細なことは見つからなかった。

コレクションは図書館や教育機関や個人からの寄付らしく、
リストを見た感じありとあらゆる図書館関係物を持っている様子。

家具、貸出システム、資料などなど。



動画(英語版)を見たところ

例えば本をしまうための箱(動画の2分10秒あたり)や、
検索・貸出用の謎の機械(4分35秒あたり)、
初版(?)と思われるちびくろサンボ(6分40秒あたり)なんかもあるらしい。



あとスウェーデンの公共図書館のカード(利用者カードかな?)を
集めるプロジェクトもおこなわれていて、
以下のURLからカードのデザインが見られます(※PDF注意)。

http://www.biblioteksmuseet.se/sites/default/files/media/lanekort_samling.pdf




日本にもこういう施設はあるんだろうか… 聞いたことはないけど… 



でもおしゃれカードグランプリが開かれたり、
趣味でコレクションしてる人がいてもおかしくはないんだよなぁ…
(見ず知らずの土地でカードをもらう大義名分は気になるが。)


おもしろがって自分で集めるのも悪くないけど、
積んである本がいっぱいあってそれどころじゃなかったし、
そのうち時間のあるときに
本腰入れて日本の図書館利用者カードを収集している人を探してみようっと。

2 件のコメント:

  1. ちょろっとぐぐってみた。

    で、こんなの見つけた。
    http://red.ap.teacup.com/srf8195/

    市内在住or勤務の人限定じゃなければ、作れんことはないやろうから、集めとる人はおるかもねぇ。

    返信削除
  2. おぉぉ! ありがとう! 探す手間が省けたよ。
    やはり探せばいらっしゃるもんだね。

    しかし個人にはいろんな限界があるし、
    「市内在住or勤務の人限定」のカードも含めたコレクションを図書館業界の偉い人が作ったらいいのに… という考えが頭をかすめたりもするねぇ。

    返信削除