2011年2月27日日曜日

最近みつけた図書館関係動画 vol.7(2011.2.27)

シリーズ化して月に一度は動画をまとめようと思っているのに
1月がいつの間にか過ぎ去っていて、記事を書き忘れたという恐ろしい話。


危うく"実は1月なんて暦に存在しなかったんじゃないか?"
という大胆な仮説をぶち上げるところだった。


先月は1月ということで、
年始にまつわる図書館らしい行事の動画をいろいろ探していたんだけど、
いまひとつグッときませんでした。

例えば「図書館にも門松置いた」くらいのものでは
図書館らしさって全く出ないから見ててもそんなに面白くないですよね。
他国も含めてそんな感じのばっかりだったんですよ。


しかし図書館で行う必然性のある新年行事とは何か、
といわれてもせいぜい企画展示くらいしか思いつかないからな…。

気になるテーマではあるね。




それはさておき今月分。



産経新聞:ロボットが読み聞かせ 板橋・赤塚図書館がリニューアル
によると、ロボットの「PaPeRo」(パペロ)が桃太郎を読み聞かせたらしい。

参考:コミュニュケーションロボットPaPeRo : DigInfo/Diginfonews(YouTube:2008.11.14 投稿 2分53秒)



ああ… かわいい… 癒される… 


いやしかし、新聞記事から読み取れなかった部分として、
「どうやって読んだか」が気になるところです。


頭に「文字コードを詰め込んで」発音させただけなのか、
それともセンサーなどで文字を認識して「読んだ」のか。

技術的には異なるし、実際に図書館で運用するとなったら気になるポイントです。

NECのPaPeRoのレンタルに関するページにも
本が読めるとは書いてないし。


例えばDAISYに対応してたり… というのは考え過ぎか。

取材申し込んでみようかな…?




次はロボットアームが本をゆっくり引き抜く動画。

UJI Librarian Robot, Second version/pratsmario(YouTube:2009.9.20 投稿 34秒)


現時点では実用的とは言い難いけど、
早く動くとか、数が増えるとか、今後が楽しみな腕なのは確か。

そういえば攻殻機動隊の中に
図書館で資料を整理しまくるロボットが登場してたっけな。





あと「ナチスの焚書に関するパブリックドメイン化された映像があるらしい」
という噂を以前に聞いたことがあったんだけど

たぶん20世紀映像コレクション
66. 反ドイツ文書焚書・ナチス文化 (1933.05.10撮影? 4分50秒)のことではないかと思います。


映画の著作物って公表後70年で権利が切れるんだったっけ?
でもこの場合公表された国の著作権制度による保護期間で考えるのか…?

うーん ひとまず20世紀映像コレクションに直接行って確認してきましょうか。



他には
1分30秒くらいのクレイアニメみたいな3Dらしき作品も見ました。
よくわからないけど大学の課題らしい。
図書館のイメージって本棚なんだね。


あとは情報リテラシーの界隈で有名らしい"戦艦ポチョムキン"も少し見てみました。
内容について知りたいだけであれば
戦艦ポチョムキンの反乱という本を読む方がいいかも。

僕はこういう本が好きなので。


ひとまずウジ虫の湧いた肉を食えと言われたらためらうね…。
塩水で洗えばいいってもんじゃねっすよ。




他にも未確認情報がいろいろあるけれど、そのあたりはまた来月ということで。


次回をお楽しみに。

0 件のコメント:

コメントを投稿